水色のソファ

CHOICES

飛び込みの沖縄の営業マンからリフォームを依頼

青い壁紙の部屋

「安さが売りの私どもは、他社には負けない価格で施行させてもらいます」と、チラシを片手に飛び込んで来たのは、沖縄のリフォーム会社の営業マンでした。沖縄に建つ我が家の古そうな佇まいを見て判断したとは思うのですが、日曜の朝から驚きました。日曜なら主人も揃っていると考えたからだとは思いますが、リフォームなんて更々考えていなかったので、最初は軽くあしらっていました。
するとそこへ高校生の娘がやって来て、自分の部屋と弟の部屋の仕切りを作ってほしいと言い出しました。年頃の娘が弟と一緒の部屋で過ごしてきましたが、そろそろ別にしてほしいと思っていたようで、このタイミングを逃すまいと、その営業マンにすがり付きました。
私は急にそんなことは出来ないし、予算も考えないといけないからと、主人に相談させてほしいと言いました。営業マンはパソコンを取りだし、直ぐ様見積書を作成、私達に提示しました。とりあえず、一週間考えさせてもらうことにしました。いつかは家の中をリフォームしなければならないと考えていたので、よい機会だと主人は賛成し、リフォームを依頼することにしました。安さが売りの会社という位、他社に比べると安価で少し不安になりましたが、中間マージンを省くことによりコストダウンに成功しているとのことで、リフォームは無事に執り行われました。
大きな会社だとこのような価格では収まらなかったと思います。沖縄で良心的な会社に恵まれ、ラッキーでした。

リフォームで中古住宅を理想に近づける

建売住宅に魅力を感じない方、いらっしゃるのではないんでしょうか。建売住宅がダメっていうつもりはありません。ただ自分たちのライフスタイルに合うものがなかなかないんですよね。部屋が少ないとか多いとか、ちょっとここの使い勝手が…とか。何十年と住むつもりの家にスタートから、小さくても不満を持っているのって辛いなって思います。
じゃあ好みの家を建てよう!となるかもしれませんが、今の世の中、土地が更地で出ることはなかなかありません。なので、最近は中古物件を購入して、リフォームで理想に近づける方が多くなっているそうです。
そんな中古物件を購入してリフォームするという考えの方に、とりあえず気にしてみてはという二つのポイントがあります。
一つは1981年以降に建てられた物件を購入してリフォームを検討するということです。日本は今まで何度も震災に会ってきているので、その度に建築の法律が改正され、建築基準が厳しくなってきています。その最新が1981年に改正されたもので、それ以降の建築物はしっかりしている可能性が高いというわけです。
二つ目は、建てられてからどのようなメンテナンスをしてきているかということです。きちんとメンテナンスされている建物は当然、その後の“持ち”が良くなります。集合住宅であれば、管理記録のようなものが残されているはずですし、戸建てであれば売主様にぜひ聞いておきたいところです。
主観的な考えですが、これから家探しをされる方の参考になれば幸いです。

沖縄で外壁と外構をリフォーム

最近、沖縄の自分の家をリフォームしました。リフォームを行なったのは、外壁全てと駐車スペースのコンクリート部分です。きっかけは、沖縄のリフォーム会社が家の地域でリフォームの営業をしていて、わたしのところにもやって来たことでした。
その時はリフォームはまだ必要ないと思っていたのですが、営業マンが家の壁の色は汚れが目立つことや、駐車スペースに綺麗なタイルなどを敷けばもっとオシャレになると言っていたのを聞いて、考えるようになりました。結局その沖縄のリフォーム会社にお願いすることにし、リフォームを決意しました。まず、外壁はもともとクリーム色でしたが、ヒビや汚れが目立っていたので、ダークグレーに変えました。素材も防音性に優れたタイルに変えました。
また駐車スペースは、ただのコンクリートでしたが、薄いピンクや黄色のタイルを交互に敷き詰めていただいて、とても可愛くなりました。リフォームした時点で、築15年ほどでしたので、少しずつ痛みが出ていたのでいい機会だったと思います。そのリフォームを行なって10年が経ちましたが、外観だけなら、みんなに新築に間違われるほど今も綺麗です。
今では築25年経ち、中のリフォームも必要になって来ました。

内装をしっかりとしたい、沖縄で外壁のリフォームをしたいというときにはこちらにご相談ください。あなたの思い描く理想的な状態に外壁をリフォームしてくれます。予算もそこまで高くはないので、気軽に見積もりからお願いしてみてはいかがでしょう。

沖縄のリフォーム会社に頼めばお風呂場でのカビの悩みも解決

沖縄に住んでいると、気になるのがベランダの防水対策ですよね。沖縄は5月と6月、8月と9月になると降水量が増えますから、そんな時期にベランダにひび割れがあると家のあちこちに染み出して行って、大変なことになります。そういう時は、沖縄のリフォーム会社に連絡してみましょう。きちんとした会社に依頼すれば、防水効果のある塗料でペインティングしてくれるので、大雨が降った時でも安心できますね。 リフォームと言えば、家の中で最も気になる部分の一つが、水回りではないでしょうか。特にお風呂場は、タイルとタイルの間のパッキンがだんだん古くなってくると、掃除でこすったときのダメージが原因で細かい傷が入り、カビが根付いてしまいます。もし、ご自宅のお風呂場が、何度掃除をしても綺麗にならない時は、リフォーム会社に依頼して、お風呂場の内装を変えてみましょう。最近ではカビの生えにくい壁や、水はじきの良い床なども存在しています。 リフォーム代は決して費用は安くありませんが、毎日イライラしながらカビ退治をしなくて良いのだと考えれば安いものです。沖縄のように高温多湿な場所であれば、できるだけカビに強い内装にリフォームしてもらうのが良いのでしょうね。

UPDATE CONTENTS